WG-3購入

PENTAX(今はRICOHになりましたが)のWG-3を買いました。
とはいっても、買ったのは約3か月くらい前で、しかも中古で並んでいた品です。博多駅のカメラのキタムラに置いてあったホワイトブルーのこれが15800円で、しかもほぼ新品状態に見えたので、当時の実勢価格21000円前後からするとお買い得だろうと思って買いました。同梱物に欠けはなく、しかもメモリーカードを入れて最初に撮った写真のファイル名の数字が218だったので、もしかするとこれはほとんど使われることのないまま売られたものなのではないかと思います。いい品なのになあ。

もともと(雨とか雪とかの)D600を使えない状態での防水・防塵・耐衝撃の頑丈なカメラを探していました。候補としては、OLYMPUSのTG-2 Tough、同じくOLYMPUSのTG-830 Toughと、あとこのWG-3でした。が、すでにWG-2 GPSを持っていたので、結局WG-3にしたという調子です。
頑丈そうという印象ではTG-2 Toughが一番強そうなんですけどね、見た目も触り心地も。価格としてはTG-830が一番よかった(2013年10月ごろから12月ごろくらいまでの印象)けど。

まあそんなわけでWG-3はGPSついてませんがなかなか便利に使っています。D600ではできない1㎝マクロ撮影(実は、先日のThinkPadのロゴ[T440p]なんかもこれで撮りました)とか。ライトがついてるのが便利なんですよね。1cmまで近づけるとどうしてもカメラと自分自身の手とかが陰になりやすいのですが。

いくつかは縦向きで撮ったけどなぜか反映されていなかったために無理やり横倒しにしています。

思ったより夜というか暗いところでもなんとかなる様子。引き伸ばさないなら、十分なんではないですかね。

博多シティのイルミネーション。
PENTAX WG-3 (4.5mm, f/2, 1/45 sec, ISO320)
博多シティのイルミネーション。
[exif id=”603″]

博多シティのイルミネーション、その2。
PENTAX WG-3 (4.5mm, f/2, 1/45 sec, ISO320)
博多シティのイルミネーション、その2。
[exif id=”602″]
天神は警固公園のクリスマス時のイルミネーション。
PENTAX WG-3 (4.5mm, f/2, 1/45 sec, ISO800)
天神は警固公園のクリスマス時のイルミネーション。
[exif id=”604″]
夜の下通。
PENTAX WG-3 (4.5mm, f/2, 1/45 sec, ISO400)
夜の下通。
[exif id=”605″]

性能的な面。といってもとりあえずズームだけ。

等倍のとき。
PENTAX WG-3 (4.5mm, f/2, 1/45 sec, ISO160)
等倍のとき。
[exif id=”600″]
すでにぶれているけどおいとく。
デジタルズームで限界までアップしてみるとこうなる。
PENTAX WG-3 (18mm, f/4.9, 1/100 sec, ISO1600)
デジタルズームで限界までアップしてみるとこうなる。
[exif id=”601″]
ここまでズームしたいときはなかなかないでしょうけど、こういうこともできるということで。

くろちゃん。門司港のマスコットキャラクターとともに。
PENTAX WG-3 (12.6mm, f/4, 1/80 sec, ISO160)
くろちゃん。門司港のマスコットキャラクターとともに。

左は福岡市営地下鉄のキャラクターちかまるくん。右はカンセンジャー。一人らしい。
PENTAX WG-3 (8.4mm, f/4.2, 1/80 sec, ISO125)
左は福岡市営地下鉄のキャラクターちかまるくん。右はカンセンジャー。一人らしい。

TIGER&BUNNYの映画キャンペーンでのショー。
PENTAX WG-3 (18mm, f/4.9, 1/125 sec, ISO160)
TIGER&BUNNYの映画キャンペーンでのショー。

まさかの花束贈呈。
PENTAX WG-3 (18mm, f/4.9, 1/125 sec, ISO125)
まさかの花束贈呈。